スリランカの紅茶工場

「セイロン紅茶」と呼ばれ、世界中で親しまれているスリランカの紅茶。
訪れたのはキャンディ近くの紅茶工場。紅茶を作る様々な器械が並んでいました。
でもどれも年代物です。

セイロン紅茶の分類

一口にセイロン紅茶といっても、風味は産地によって様々です。
キャンディの紅茶は、渋みが少なくマイルド。紅茶らしい芳醇な香りと、ほのかに香ばしい甘みがあります。日本人にとって、一番「慣れ親しんだ紅茶の味」です。
<MAP>

3+

仏教の聖地キャンディの佛歯寺

仏教の聖地で世界遺産のキャンディにある、ダラダー・マーリガーワ寺院。通称「佛歯寺」と呼ばれ、釈迦の犬歯が祀られています。
「大涅槃経」によれば、釈迦の死後、歯は遺骨と同様にインド各地に分割されました。年代記の『チューラワンサ』では、スリランカにはスリー・メーガワンナ王(301-328)の時代にカリンガ国(東インドのオリッサ)からブラーマンの女性が右の犬歯を持ってきたとされ、王権の権威を保証する証となりました。
王都が移動するたびごとに仏歯も移動して、現在はこの 佛歯寺 に納められています。仏歯は仏陀の聖遺物の仏舎利として崇拝されると共に、強い力を持つものとして祀られてきました。
<MAP>

3+

ホテル in キャンディ

スリランカはキャンディでの宿泊ホテルです。キャンディはスリランカのほぼ中心部にあり、聖地キャンディと呼ばれ仏教徒の聖地になっています。 キャンディの建物は白い建物が多く(左下写真、このホテルも白いろです)、町全体が世界遺産に登録されています。
<MAP>

3+

キャンディアンダンス

キャンディアンダンスはスリランカ中部のキャンディ州を中心に行われているダンスです。キャンディ王朝の頃に宮廷内で踊られていた舞を中心に各地の舞踊を組み込んだものと言われています。ダンスは18世紀初頭に18の区切りからなる現在の形となり、悪魔払いの効果もあるそうです。
<MAP>

3+