大公の聖母

レオナルド・ダ・ヴィンチ、ミケランジェロと並ぶ盛期ルネサンスの三大巨匠の一人、ラファエッロ・サンティの作品。ラファエッロは多くの聖母子像を描きましたが、中でもこの作品は傑作として名高く、幾世紀にも渡り完璧な絵の典型とされてきました。
若きラファエッロは、レオナルド・ダ・ヴィンチの影響を受けたと言われます。この作品にもレオナルド・ダ・ヴィンチの影響が感じられます。
さて、レオナルド・ダ・ヴィンチから受けた影響とは何でしょうか?
それは、スフマート技法です。スフマート技法とは、深み、ボリュームや形状の認識を造り出すために色彩の透明な層を上塗りする技法です。
当時のルネサンス期のマリア像は、あまりに世俗的、官能的になり過ぎていると感じていた、ラファエロは、スフマート技法を用い、幻のように神秘的にかつ、優雅なバランスと調和を絵画上に実現しました。
甘美で心和む安心感ある作品。これがラファエッロの絵画です。
フィレンツェのウフィツィ美術館所蔵。
<MAP>

2+

オッディの祭壇画

盛期ルネサンスのイタリア画家、ラファエッロの作品です。
聖母マリアの死と天での栄光が同一画面に描かれています。下半分に聖母マリアが葬られた石棺が置かれています。使徒たちが石棺を開けたところ聖母マリアの姿はなく、ユリとバラが咲いていました。ユリは聖母マリアの純潔をバラは愛を表しています。
使徒たちは視線を天に向けます。天ではキリストから聖母マリアへ天の女王の冠を授けています。
バチカン美術館所蔵。バチカン美術館は撮影禁止なので、写真は大塚美術館の模造品です。
<MAP>

2+

フォリーニョの聖母

盛期ルネサンスのイタリア画家、ラファエッロの作品です。
聖母マリアはキリストを抱きかかえながら雲の上に腰掛けています。その左側には洗礼者ヨハネと聖フランチェスコ、右側には聖ヒエロニムスとシジスモンド・デ・コンティが描かれています。
洗礼者ヨハネは観客に向かって聖母マリアを指さし、聖フランチェスコも聖ヒエロニムスも皆、天の聖母マリアを仰ぎ見ています。観客を天上の幻想を観ている気分にさせる作品です。
バチカン美術館所蔵。バチカン美術館は撮影禁止なので、写真は大塚美術館の模造品です。
<MAP>

2+

アテネの学堂

ルネサンス期のイタリアの画家ラファエッロ・サンティの作品。
本作はバチカン宮殿のラファエッロの間に飾られています。ラファエッロの間は、バチカン宮殿にある4つの部屋の総称で、教皇庁の一部として公開されています。
ラファエッロは、この作品で古代を題材に、遠近法による構成や巧みな人物配置、ダイナミックなポーズなど、ルネサンスの様式をすべて盛り込みました。
また、当時の絵画をモデルに古代の哲学者を描いています。
アーチの下に立つ中心人物の左がプラトンです。天を指さすプラトンのモデルは、レオナルド・ダ・ヴィンチの洗礼者聖ヨハネです。手前の机で頬杖をついている人物はへラクレトスで、モデルはミケランジェロの考える人です。
この作品の公開当時から評価が高く、ラファエッロの名前を世に知らしめた作品です。
<MAP>

3+

聖体の論議

このフレスコ画は、ルネサンス期のイタリアの画家ラファエッロ・サンティの作品です。
本作はバチカン宮殿のラファエッロの間に飾られています。ラファエッロの間は、バチカン宮殿にある4つの部屋の総称で、教皇庁の一部として公開されています。
ラファエロは本作で、天界と地上の両方に及ぶ一場面を描きました。
上部には光輪を背にするキリスト。その両隣に聖母マリアと洗礼者ヨハネ。その両脇にアダム、ヤコブ、モーセたちがいます。神は、キリストの上に鎮座し、黄金に輝く天界の光を制御しています。
地上には祭壇に聖体顕示台が置かれ、それを中心に大教皇や神学者らの他、ユリウス2世、シクストウス4世、ブラマンデ、フラ・アンジェリコが描かれています。
<MAP>

2+

ヴェールの女

レオナルド・ダ・ヴィンチ、ミケランジェロと並ぶ盛期ルネサンスの三大巨匠の一人、ラファエッロ・サンティの作品です。巨匠ラファエッロの作品の中でも、別格の存在感があります。
その理由は。。。
モデルは、モデルはフォルナリーナ(パン屋の娘の意)と呼ばれています。ラファエッロはこの女性と密かな恋愛関係にありました。しかし、ラファエッロは社会的地位を上げる為、他の女性との政略結婚を決意し、フォルナリーナと別れます。
だが、ラファエッロはフォルナリーナへの想いを断ち切ることができず、婚礼の衣装を纏った婦人の肖像画「ヴェールの女」を描き、自己の想いを表現したのです。
ヴェールを被るフォルナリーナの表情は、自分たちが結ばれないことへの悲しみを表しています。このようなラファエッロの切ない思いがある作品だからこそ、別格の存在感を感じるのでしょう。
当初はフォルナリーナの指には、婚姻の証である指輪が描かれていました。しかし絵画が一般に公開されることとなり、絵具を上塗りして、指輪を隠したとされています。ピッティ宮殿所蔵。
<MAP>

2+

子椅子の聖母

15世紀前半、盛期ルネサンスの画家ラファエッロ・サンティの晩年の作品。
この作品からはダ・ビンチのような神秘性も、ミケランジェロほどの厳しさも感じられません。しかし、ラファエッロの聖母子像は、時代を越えて多くの人々を引き付けてきました。
その理由を見て行きましょう。
幼児キリストを抱きしめる聖母マリアと幼児洗礼者聖ヨハネを描いています。画面一杯に幼児キリストを描き、聖マリアは少し身を屈めています。
そうすることで、トンド(円形画)の中に聖母子と幼児洗礼者聖ヨハネをうまく収め、心和む安心感ある作品に仕上げています。
聖マリアはターバンにショールという世俗的な衣装で、伝統的な赤や緑のマントは来ていません。しかし色彩は∨字形の聖マリアの腕の赤を中心に、緑・青・黄色と鮮やかに使われ、甘美的です。
甘美で心和む安心感ある作品。これこそ、ラファエッロの聖母子像が、時代を越えて多くの人々を引き付けて止まない理由です。
フィレンツェのピッティ宮殿所蔵。
<MAP>

3+

バルダッサーレ・カスティリオーネの肖像

この絵のモデルは、署名な人文主義者バルダッサーレ・カスティリオーネです。北イタリアのマントヴァ出身で、人間の理想の姿について記した「廷臣論」が有名です。
この絵が描かれた頃、ラファエッロはサン・ピエトロ大聖堂の造営主任や古代遺跡発掘監督官に任命されるなど、絵画・壁画装飾からさらに活躍の範囲を広げており、 バルダッサーレ・カスティリオーネ とも親交があったようです。 この作品の組んだ手や口元からは理性や抑制が感じられます。黒を基調とした服装からは品格が、そして目からは意思と相手への尊重が伝わってくるようです。これらは作者がモデルの人格をよく理解しているから描けたのではないかと言われています。 この作品のモデルの角度や黒を中心にした配色は、ダ・ヴィンチの「モナ・リザ」を下敷きにしています。
<MAP>

3+