ジプシーの女

この作品は、17世紀に活躍した画家フランス・ハルスが1618年頃から1630年頃までおこなった様々な人々の豊かな表情を描写した作品の中の代表作の一つ。作品のモデルは、特定のジプシー又は娼婦を描いたものであるかは不明ですが、 その風貌から1870年に「ジプシー女」と命名され現在まで伝統的にそう呼称されています。娼婦的な女性の単身像を描く場合に画家が陥る、官能性のみを過大に追求した卑俗に満ちた表現からフランス・ハルスは逸脱し、ユトレヒト・カラヴァッジョ派らの影響である明暗対比の強い陰影法と、画家独自の速記的な筆跡によって、対象が瞬間的に見せる無邪気な性格と表情を画面へ描写することに成功しています。
<MAP>

5+