ルチェライの聖母

玉座の聖母子と6人の天使(ルチェライの聖母)。 ドゥッチョの代表作。
フィレンツェのサンタ・マリア・ノヴェッラ聖堂のルチェライ礼拝堂のために、制作されました。その後、ルチェライ家の教会内で使用されていたため「ルチェライの聖母」と呼ばれるようになりました。
玉座の聖母子の構図は、その後、祭壇画の最も典型的な聖母子像の構図となります。 ドゥッチョの作品の中では、文書記録として残されている一番古い作品です。
<MAP>

3+