酒を飲む王様

ダーフィット・テニールスの作品。テニールスは、農民の野外での祭りや祝賀の様子、酒屋や台所の風景など大衆的な題材の絵画を多く残しています。
本作は王冠をかぶせられ「一日王様」となった村人、ひたすら酒をすすめて、どんちゃん騒ぎしている場面を描いています。
<MAP>

3+