老女

謎めいた画家、ジョルジョーネの作品。ジョルジョーネは、15世紀の盛期ルネサンス、ヴェネツィア派の画家で、ティツィアーノと関係が深かったと言われますが、不明な部分が多く、西洋絵画の歴史の中で、もっとも謎に満ちた画家の一人です。この作品についても謎が多い。
当時の画家は肖像画と言えば、権力者やその伴侶を描くのが一般的でした。そんな中、何故、名もなき市井の人物、しかも老いた女性を描いたのか。不思議です。
また、描かれた女性が胸に押し当てている紙片には、「時がたつにつれて / Col tempo?(イタリア語)」と記されています。
この意味は、かつて美しかった胸が時と共に衰えるということを言っているのか。かつて美しかった女性も時が経てば老いていくことを言っているのか。
何を伝えようとしていたのか謎は尽きません。
ベネチアのアカデミア美術館所蔵。
<MAP>

2+

田園の奏楽

ヴェネツィア派の大画家ティツィアーノ初期に属される代表的な作品のひとつです。 兄弟子のジョルジョーネが制作途中で死去した為、ティツィアーノが引継ぎ、完成させました。
田園を見下ろす丘に男性二人と女性二人がいます。水を汲む女性の「水」、笛は「息」つまり「空気」の隠喩、男の赤い衣は「火」、褐色は「土」を意味しており、世界を構成する四元素が音楽を奏でています。音楽を世界調和の表現と見た古代思想や世界を四元素の調和とみた新プラトン主義を感じさせます。
<MAP>

4+