オンニサンティの聖母

この作品は中世後期のイタリア人画家&建築家のジョット・ディ・ボンドーネによって描かれた作品です。チマブーエの『サンタ・トリニタの聖母』、ドゥッチョの『ルチェライの聖母』と並べられて、フィレンチェのウフィツィ美術館に展示されています。
鋭角の三角形をした破風を持つゴシック建築のような玉座、人間味を帯びた聖母子の顔立ち、内に包まれた肉体の形体に沿って施された衣の襞(ひだ)、しっかりと地に足をつけた人物たち。ジオットは13世紀のフィレンツェ美術を厚く覆っていたビザンティン様式を拭い去り、自然主義という新しい観点を持ち込み、ルネサンス美術の扉を開きました。
<MAP>

2+