エレオノーラ・ディ・トレドと子息の肖像

「エレオノーラ・ディ・トレドの肖像」はマニエリスム(※1)を代表する大画家アーニョロ・ブロンズィーノによって1545年ごろに制作された油彩画で、 アーニョロ・ ブロンズィーノの代表作と言われています。
この作品に描かれるているのはナポリ総督の娘で、名家メディチ家のコジモ一世の妻でもあるエレオノーラ・ディ・トレドとその息子ジョヴァンニです
(別の息子フランチェスコという説もあります)。
怪しく冷艶な雰囲気を漂わせる アーニョロ・ ブロンズィーノ独特の表現と、白 々とした艶めかしい肌の質感による清逸な表情描写が高い評価を受けています。
※1:マニエリスムとはルネサンス後期の美術で、美術史の区分としては、盛期ルネサンスとバロックの合間にあたります。イタリア語の「マニエラ(手法・様式)」に由来する言葉で、盛期ルネサンス芸術の明快で調和の取れた表現とも、バロック芸術の動感あふれる表現とも異なった特有の表現として位置づけられいます「自然を凌駕する行動の芸術的手法」だそうです。
<MAP>

2+