狩りの風景

16世紀イタリアのバロック絵画の草分け、カラッチ兄弟の弟のアンニーバレ・カラッチの代表作の1つです。
1595年以前に描かれ、所有者が数回変わったのち1665年枢機卿カミッロ・パンフィーニからルイ十四世に贈られ、その後、現在のフランスはルーブル美術館にやってきました。この作品はアンリ・マティスやエドヴァルド・ムンク、ジョルジュ・ルオーなどの一流の画家によって模写され影響を与えてきました。
<MAP>

7+