メガロ・メテオロン修道院

世界遺産、メテオラ修道院群の中で、一番大きな修道院です。メテオラ観光の定番です。


メガロ・メテオロン修道院は、14世紀に聖地アトス山から移り住んだ聖アナスタシオが開いたもの。教会内部には、キリストや預言者ダニエルなどの宗教画が描かれており、多くの宝物が保存されています。
<MAP>

3+

アモル(キューピット)を売る女

18世紀フランスの新古典主義画家、ジョゼフ=マリー・ヴィアンの代表作です。
ヴィアンは、ダヴィッドを含め1740年以降に生まれた大画家たちが師と仰ぐ人物です。
それでは具体的に観て行きましょう。
左側の女商人が手にしているのは、背中に翼の生えたアモル(キューピット)たちです。右側には取り出されたアモルへ興味深く視線を送る上品で裕福そうな身なりの女性と、付き人の女が描かれています。
構図的にはグラニャーノ遺跡の壁画を左右反転させて流用しており、垂直と水平が強調された厳格な場面展開であるものの、作品からは簡素的で軽妙な雰囲気や表現も感じることができます。
これらの特徴を併せ持つ本作は、新古典主義の萌芽的作品です。
フランスのフォンテーヌブロー宮殿所蔵。
<MAP>

3+

世界の街角(宮殿・王宮編)

世界3周旅で見かけた、「宮殿・王宮」を動画にまとめました。

2+

世界の街角(Castle(城)編)

世界3周旅で見かけた、「Castle(城)」を動画にまとめました。

2+

世界の街角(モスク編)

世界3周旅で見かけた、世界各地の「モスク 」を纏めてみました。

2+

シェイク・ザーイド・モスク

2007年完成の世界で6番目に大きいモスク。伝統的なイスラムのデザインと近代的な建築技術を用いてつくられています。
世界最大のペルシアじゅうたんが置かれていることで有名で、じゅうたんを一目見ようと世界中から多くの観光客が訪れます。

<MAP>

2+

サンタ・マリーア・マッジョーレ大聖堂

教皇が建築させたローマの四大バシリカ(古代ローマ様式の聖堂)の一つ。古代キュベレ神の神殿があった場所に築かれ、数回にわたる改修と1348年の地震に伴う崩壊の危機を乗り越え、ローマのバシリカ様式の聖堂では唯一原構造を残している貴重な建築物です。
サンタ・マリーア・マッジョーレ大聖堂とは、「偉大なる聖母マリアにささげられた聖堂」という意味だそうです。
因みに、四大バシリカとは、このサンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂、サン・ピエトロ大聖堂、サン・ジョバンニ・イン・ラテラノ大聖堂、サン・パオロ・フオーリ・レ・ムーラ大聖堂の四つです。


<MAP>

2+

バビロンの城

ローマ帝国時代に建設。ローマ軍はナイルデルタ地帯の先端地域を戦略的な要地として支配を続け、トラヤヌス帝(98-117年)及び、アルカディウス帝(395-408年)の時代に拡張、要塞化しました。
残念ながら砦は今世紀の初頭に廃墟となってしまいましたが、ローマ時代の軍事的建造物の中で最もよく保存されたものの一つです。


<MAP>

3+