ガンガラーマ寺院の一押し展示品

コロンボで一番大きなガンガラーマ寺院の一押し展示品。
左の写真は、シギリヤロックの壁画に書かれているシギリヤレディーを思わせるスリランカ女性の彫像。膨よかな胸と曲線美が特徴的です。この彫像の起源を調査しましたが、判りませんでした。知ってる人がいたら教えてください。
右の写真は、稲で作られた龍でしょうか。横の陶磁器と並んで、中国文化を感じさせます。多くの展示品が飾られているガンガラーマ寺院で、特に気になった二品を紹介いたしました。
<MAP>

4+

コロンボ最大の寺院、ガンガラーマ寺院

現代とアジア各国の文化が融合した建築様式が特徴のコロンボ市内で一番大きな寺院です。2月の満月祭(ポヤデー)には 盛大な式典が開催され るそうです。

寺院内にはアジア各国、様々な彫刻が展示されています。

舎利塔(右上の写真)には、釈迦の髪が祀られています。また入口近くには関羽像(左下の写真)置かれていました。

<MAP>

3+

シーマ・マラカヤ寺院

シーマ・マラカヤ寺院は、コロンボのベイラ湖上に建っています。スリランカを代表する建築家、ジェフリー・バワによって1977年に設計・建設されました。
デザイナーとして知られているジェフリー・バワが手掛ける建築は、ほとんどがホテルです。仏教寺院は珍しため、スリランカの人気観光スポットになっています。
また東日本大震災の時、ここシーラ・マラカヤ寺院では、日本のために祈りの会を行い被災者への祈りと復興の願いをしてくれてたそうです。


寺院の片隅(左上の写真)に盆栽が。。。
私の好きなガネーシャが、ここにもいました。しかもピングのガネーシャです(右上の写真)。
涅槃像(右下の写真)。足が揃っているのが涅槃像だそうです。足が揃ってない場合は、休んでいるだけだそうです。スリランカで初めて聞きました。
<MAP>

3+

仏教の聖地キャンディの佛歯寺

仏教の聖地で世界遺産のキャンディにある、ダラダー・マーリガーワ寺院。通称「佛歯寺」と呼ばれ、釈迦の犬歯が祀られています。
「大涅槃経」によれば、釈迦の死後、歯は遺骨と同様にインド各地に分割されました。年代記の『チューラワンサ』では、スリランカにはスリー・メーガワンナ王(301-328)の時代にカリンガ国(東インドのオリッサ)からブラーマンの女性が右の犬歯を持ってきたとされ、王権の権威を保証する証となりました。
王都が移動するたびごとに仏歯も移動して、現在はこの 佛歯寺 に納められています。仏歯は仏陀の聖遺物の仏舎利として崇拝されると共に、強い力を持つものとして祀られてきました。
<MAP>

3+

世界遺産、シギリヤ遺跡。

シギリヤロック(写真)は、スリランカで一番有名な観光スポット。高さ200mの岩山で、頂上には5世紀に作られた要塞化した王宮跡があります。

シギリヤ遺跡

シーギリヤの遺跡は、岩上(シギリヤロック)の王宮跡と、それを取り囲む水路、庭園、貯蔵施設などの都市遺構からなります。
遺跡は、5世紀にカッサパ1世によって建造されました。1982年、古都シーギリヤとして、世界遺産に登録されました。

シギリヤロックの頂上を目指し、約1,000段の階段を1時間かけて登っていきます(左下、右上写真)。しばらく登っていくと「ライオンテラス」という広場に辿り着きます。その先の王宮の入口は、ライオンが守っています(左上の写真)。かつてはライオンの顔まで彫像があり、その開いた口のなかを階段がとおっていたそうです。現地語ではライオン(=シンハ)、喉(=ギリヤ)と言います。それでこの辺りを「シギリヤ」と呼ばれるようになりました。

右上の写真が、シギリヤロック頂上の王宮跡です。
<MAP>

3+

岩修道院、ガル・ヴィハーラ。

大きな岩をくり貫いて作られた 「岩修道院」 です。もともとは、ウッタララーマという名前の「北部の修道院」がありましたが、 パラクラマバフ王(1153-86)によって作り変えられました。

写真では判り難いですが、上の写真のような岩をくり貫いて作られてそうです。下の写真はイモリです。まるまる太ってます。
<MAP>

2+

謎の建築物、サトゥマハル・プラサーダ。

古都ポロンナルワにある、ひときわ高い7階建ての建築物。タイのランパーンにある寺院「ワット・ククット」にある仏塔に似ており、タイから来た建築士が建てたものだと伝えられていますが、この建造物が何に使用されていたのかは未だに不明とのこと。かつて、ポロンナルワは上座部仏教の聖地とされ、スリランカ国内はもとより、タイやビルマからも多くの僧が訪れたそうです。
<MAP>

3+

円形の仏塔、 ワタダーゲ。

スリランカ中部の古都ポロンナルワにある仏塔。ポロンナルワにシンハラ王朝
(11世紀から13世紀) の都が置かれる以前(7世紀)の建物です。円形の仏塔で、かつては屋根がありましたが、現在は基部の壁面が残っています。
それぞれの入口には左右に悪霊を遠ざけるためのガードストーン(左下、真ん中下)が並び、歓迎の意を表す半円型のムーンストーン(右下)があります。かって、人々はムーンストーンの上で足を清めたのだそうです。
ここは、 シンハラ王朝時代、釈迦の歯を祭った仏歯寺でした。
<MAP>

2+

ポロンナルワのロイヤルパレス

ポロンナルワはスリランカ北中部州にある中世の古都です。1017年から1255年までスリランカの首都でした。
写真はパラークラマ・バーフ1世王の宮殿址。パラークマラ・バーフ1世は巨大な貯水池を作って灌漑を充実させるとともに、ポロンナルワに多くの寺院を建築して、ポロンナルワの最盛期を築いた12世紀の王です。
この宮殿は7階建てで、上層部に行くに従い狭くなるピラミッド状の建物だったそうです。今残っている煉瓦造りの壁は3階部分までで、木製の床を支える柱がはめ込まれた跡が残り、3階までは煉瓦と木を使い、4階より上は木造の宮殿だったそうです。真ん中下の写真はトイレです。
<MAP>

2+