ヴィッラ・メディチ庭園の景観(洞窟の入口)

ディエゴ・ベラスケスによって制作された作品。制作年は1630年で、プラド美術館に所蔵されています。
ベラスケスが描いた風景画は2作品しか現存しませんが、本作はその内の一枚です。
この風景画は実際の風景をみて、写生的に描かれた作品として重要な意味を持ちます。ロランやプッサンの理想的風景とは異なり、戸外でスケッチした風景を画家がアトリエで完成させもので、ベラスケスの興味は戸外の光を描くことにあります。
<MAP>

2+

地球3周動画(ラスベガス編)

世界の都市を1分で散歩しよう!
「ラスベガス編」


<MAP>

3+

エゼキエルの幻視

古代風の廃墟でうまる谷を舞台として、ひと際高い丘の上で右手を上げて立つのは旧約聖書中の預言者エゼキエルです。場面はエゼキエルの書37章前半の幻です。フランシスコ・コランテスは、17世紀スペインの宮廷画家ベラスケスとほぼ同時代に生きたマドリード画派の一人で、当時のスペイン人としては珍しく、小人物や建築をモティーフとした風景画で新境地を開拓しました。
<MAP>

3+

キャピタルゲートビル

アブダビのピサの斜塔とも言われているキャピタルゲート。世界で最も傾いた塔として、ギネス世界記録に登録されています。
ビルの傾斜は18度で、有名なピサの斜塔の4倍以上も傾いています。35階建てのこの建物はアブダビのシンボルとして絵はがきなどにもよく使われます。
<MAP>

3+

静物(ポデゴン)

フランシスコ・デ・スルバランは、単純で、ややもすれば単調に陥りかねないほど簡素な構図で、事物を正確に描きます。単純・簡素化により画面には厳粛さを帯わせ、造形物を崇高なまでに純化する事に成功しています。物の本質を照らし出す聖なる光の下に並べられた様々な食器には存在感が感じられ、”もっとも卑近なものの中にこそ神を見る”というスペイン的な宗教精神が伺えます。
<MAP>

3+

シェイク・ザーイド・モスク

2007年完成の世界で6番目に大きいモスク。伝統的なイスラムのデザインと近代的な建築技術を用いてつくられています。
世界最大のペルシアじゅうたんが置かれていることで有名で、じゅうたんを一目見ようと世界中から多くの観光客が訪れます。

<MAP>

2+

地球3周動画(ホノルル編)

世界の都市を1分で散歩しよう!
「ホノルル編」


<MAP>

2+

アブダビ国際空港

アラブ首長国連邦のアブダビにある国際空港です。
モダンで綺麗な空港で「ハチの巣」の中に居るみたいです。
アラブ首長国連邦の首都はアブダビ、最大の都市はドバイです。

日本からヨーロッパ観光ツアーに参加すると、アブダビやドバイが経由地になることが多いようです。
ターミナル3には、アメリカ合衆国の入国審査を受けられる設備もあるそうです。
サンドイッチとペットボトルの水で、約800円。
<MAP>

3+

地球3周動画(ヒューストン編)

世界の都市を1分で散歩しよう!
「ヒューストン in アメリカ編」


<MAP>

3+