瞑想する哲学者

大画面と、光と影の明暗を明確にする技法を得意とした画家、レンブラント・ファン・レインの作品です。制作年は1632年。 レンブラントは、同じオランダのフェルメール、イタリアのカラヴァッジョ、フランドルのルーベンス、スペインのベラスケスなどと共に、バロック絵画を代表する画家の一人です。
部屋の奥まったところに瞑想する老人が小さく描かれ、その前には閉じた書物が置かれています。階段をはさんでこちら側にいる召使の周囲には日常的な用具が描かれています。こちら側が世俗的な世界を表し、超越的な光をもたらす窓のそばで瞑想する老人の姿は、知性の世界の象徴です。
<MAP>

4+

合奏

17世紀フランスに生まれたバロック絵画の巨匠 カラヴァッジョを始祖とする カラヴァッジェスキ一派を代表するヴァランタン・ド・ブーローニュの傑作です。
古代の浮彫を囲み、若い男女が合奏する場面を描いた風俗画で、ヴァランタン・ド・ブーローニュは、「合奏」を主題とした作品を複数枚手がけています。 本作品はその中でも代表作と評されているもので、カラヴァッジェスキー派様式の厳しく深い明暗対比や劇的な光と影の表現、高度な自然主義的写実描写が示されています。 音楽という主題や、画面右端で観る者の方を向きながら羽根帽子の男が手にするリュート(中世から16~17世紀にかけてヨーロッパで広く用いられた撥弦楽器)は、カラヴァッジョが初期に手がけた「リュートを弾く若者」などと共通する風俗的モティーフであるほか、隣でギターを奏でる若い女性の顔は、「アレクサンドリアの聖カタリナ」などカラヴァッジョが描く特徴的な女性像の面影を感じさせます。
また画面手前や奥で酒の飲む騎士や子供、画面左端でヴァイオリンを弾く若い男や中央で楽譜を捲る男、それを片肘をつき憂鬱そうに聞く幼子など「合奏」の場面の中に様々な動作・表情によって各々の人間性や感情を感じさせる巧みな描写が、本作品の特筆すべき点のひとつと評されています。
<MAP>

4+

大工の聖ヨセフ

「大工の聖ヨセフ」とはキリストの父ヨセフのことです。右側の子供は少年イエス・キリストであり、ヨセフが細工している角材は、やがてイエス・キリストが架けられる十字架を暗示しています。
画面の大部分を占める漆黒の聞から、ろうそくの明かりが父子の姿を浮かび上がらせています。少年の無邪気そうな顔や、炎にかざして赤く透けた無垢な手に比べ、わが子の将来を予感したのだろうか、ヨセフの深刻そうな額の披や力のこもった腕が対照的です。ジョルジュ・ド・ラ・トゥールの作品。
<MAP>

3+

洗礼者聖ヨハネ

作者のレオナルド・ダ・ヴィンチは晩年、フランソワ一世の招きによりローマを去り、フランスのクロ・リュセ城で過ごします。この時に携えてきたのが、本作と「モナ・リザ」、「聖アンナと聖母子」の3作品です。この3作品はダ・ヴィンチのお気に入りで、生涯手元に置き、手放しませんでした。
洗礼者聖ヨハネのモナリザを思わせる端正な顔立ちと微笑みは、ダ・ヴィンチが寵愛していた弟子ジャン・ジャコモ・カプロッティ(通称サライ)をモデルにしたと言われています。 本作を始め、ダ・ヴィンチ作品によくみられる、この天に向け人差し指を指すポーズは、天からの救世主キリストの到来を予告し、道を平らかにするよう悔悛を説いてると解釈されています。
ヨルダン川でキリストの洗礼を行なった者とされる洗礼者聖ヨハネは、都市生活から離別し、神の審判が迫ることを説き、人々に悔い改めの証として洗礼を施しますが、ヘロデ王の娘サロメの願いにより斬首刑に処されました。
<MAP>



5+

聖アンナと聖母子

レオナルド・ダ・ヴィンチが1508年ごろに描いた絵画です。
聖マリアが母親のアンナの膝の上に座り、幼児キリストに手を延ばしています。キリストは将来遭遇する受難の象徴である生贄の子羊と戯れていますが、マリアはそれを制止しようとして手を延ばしているように見えます。 マリアとキリストとが視線を交し合う一方で、アンナのほうはマリアの様子を伺っている、という様に視線を通じて人物と絵にリズミカルな動きが生まれています。
<MAP>

5+