黒い帽子のベルト・モリゾ エドゥアール・マネ



印象派の創設に影響を与え近代美術の父とも呼ばれる、フランス画家エドゥアール・マネの作品(1872年頃)で、女流画家として有名なベルト・モリゾの肖像が描かれています。この作品完成後、ベルト・モリゾは、エドゥアール・マネの弟ウジェーヌ・マネと結婚しました。
それでは具体的に観て行きましょう。
ベルト・モリゾが軽く笑みを浮かべているのが印象的です。ベルト・モリゾの衣服と帽子の黒色は画面の中で圧倒的な存在感を示していますが、この黒色と背景に用いられた灰色が画面の大部分を占めることによって、ベルト・モリゾの顔や頭髪に用いられた明瞭な茶色や肌色、すみれのブーケの控えめな青色が、より洗練された印象を観る者に与えます。
マネ独特の大ぶりな筆触や平面的な画面展開、抑えられた落ち着きのある色彩などが特徴の作品です。
オルセー美術館所蔵
<MAP>

+2
広告

Subscribe
更新通知を受け取る »
guest
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments