太極拳が見られる、魯迅公園。



1927年に魯迅が広州から上海へ移住した時に生活していたのは虹口公園傍の大陸新村であり、生前公園を散策していました。このため、1936年の魯迅の死直後は万国公墓に埋葬されていた彼の棺は、1956年に本虹口公園内に改葬されました。そして1988年に現在の魯迅公園へ改称されました。
太極拳やダンスを楽しんでいる人が大勢いました。

1+
広告


コメントを残す

avatar
  Subscribe  
更新通知を受け取る »