雨、蒸気、速力:グレート・ウエスタン鉄道



19世紀イギリスのロマン主義の画家、ジョゼフ・マロード・ウィリアム・ターナーの晩年の傑作です。ターナーは、写実的に描くのではなく、雲、光、風、大気等をメインに描く作品を多く残しました。
それでは具体的に観て行きましょう。
雨が横殴りに降り、霧が一面に立ちこめる中で、蒸気機関車が猛スピードで近づいています。鉄橋の下には川が流れていますが、その川も陸も空もほとんど見分けがつきません。
ターナーは「蒸気と速力」そのものをメインに、本作を描いているのです。
ロンドンのナショナル・ギャラリー所蔵。
<MAP>

3+
広告


コメントを残す

avatar
  Subscribe  
更新通知を受け取る »