象のテラス in アンコールトム。

アンコールの王ジャヤーヴァルマン7世(在位1181-1220年)により12世紀末に築かれ、凱旋する軍隊を眺望する基壇として使われました。それはピミアナカスのある王宮に取り付けられていました。当初の建造物はほとんどが有機素材で造られており、いまでは消失しています。残っているのは複合体の土台の基壇です。


アンコールの王ジャヤーヴァルマン7世(在位1181-1220年)により12世紀末に築かれ、凱旋する軍隊を眺望する基壇として使われました。それはピミアナカスのある王宮に取り付けられていました。当初の建造物はほとんどが有機素材で造られており、いまでは消失しています。残っているのは複合体の土台の基壇です。
< MAP >

1+
広告


コメントを残す

avatar
  Subscribe  
更新通知を受け取る »