訪問 ラファエッロ・サンツィオ



古典主義絵画の祖のイタリア画家、ラファエッロ・サンツィオの作品(1517年頃)です。
本作の舞台はルカによる聖書の物語で、2人の女性の年齢差や喜びの表情など、物語の全体像を1つに収めた作品です。
それでは具体的に観て行きましょう。
美しい風景の中で、キリストを身ごもった聖母マリアが彼女の従妹であり聖ヨハネの子を身ごもっているエリザベスを訪問したところを描いており、この後、マニフィカート(受胎告知を受けたことを聖母マリアが神に感謝する賛歌)を歌います。背景に描かれている天使たちは、聖母マリアをいとこの聖エリザベスのもとへ案内しました。
聖母マリアは若い女性として描かれているのに対し、左の聖エリザベスは年齢が相当上で、それにより聖書に書かれているようにこの妊娠が奇跡であるということを強調しています。また背景の風景の中には、ヨルダン川で聖ヨハネにより洗礼を受けるキリストも描かれており、これから起こることを暗示しています。
また、ラファエッロはマンネリズム(※1)の達人として知られています。本作の中でもマンネリズムを用い、絵の中のポーズをとることで、二人の女性の動きを表現しています。
※1:マニエリスム:盛期ルネサンスと初期バロックの間の芸術様式を指し、その特色は人体表現において顕著で、誇張された肉づけ、引き伸ばし、様式化した姿勢や派手な色彩などがあります。
スペインのプラド美術館所蔵。
<MAP>

+2
広告

Subscribe
更新通知を受け取る »
guest
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments