美しき女庭師 ラファエッロ・サンツィオ



古典主義絵画の祖でイタリア画家、ラファエッロ・サンツィオの作品(1507年)です。
本作はルーブル美術館では「聖母子と幼き洗礼者聖ヨハネ」というタイトルで展示されている作品です。ラファエッロは、母性を画面中に表現し、多くの人々から支持を得ました。本作はその中でも最も典型的な作品です。
それでは具体的に観て行きましょう。
中央に描かれた、聖母マリアが身につけているドレスの赤色は、深い愛もしくは犠牲の血の色を表しており、マントの青色は、天上の真実を表しています。左下の幼児はイエス・キリストで、母親マリアの膝の上から旧約聖書を取ろうとしています。
右下でひざまずいている幼児は洗礼者ヨハネであり、ラクダの毛の衣を身につけており、葦でつくられた十字架の杖を手にしています。洗礼者ヨハネは、イエスに従うようなしぐさを見せている。3人の頭上には、金の光輪が描かれており、聖母マリアを頂点として安定した三角形の構図で描かれています。
ルーブル美術館所蔵。
<MAP>

+2
広告

Subscribe
更新通知を受け取る »
guest
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments