羊飼いの少女 ジャン=フランソワ・ミレー



19世紀フランスのバルビゾン派の創設者の一人、ジャン=フランソワ・ミレーの作品です。バルビゾン派の画家たちは、フランスのバルビゾン村やその周辺に居住し、自然主義的な風景画や農民画を写実的に描きました。
それでは具体的に観て行きましょう。
少女の可憐にしてどこか侘しげなたたずまいが、観る者の共感をそそう作品です。身にまとっているものや、大きなごつごつとした木靴も彼女の境遇を物語っていますが、その足元には白いタンポポが彼女を慰めるかのように咲いています。
貧しくはあるが静かで平凡な田園風景と、そこに生きる人と動物が一つになった、写実的であると共に抒情性に富んだ作品です。
オルセー美術館所蔵。
<MAP>

3+
広告

Subscribe
更新通知を受け取る »
guest
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments