日光の表玄関を飾る朱塗に映える神橋。

昔は「山菅の蛇橋」と呼ばれた日光二荒山神社の建造物です。平成11年12月世界遺産に登録されました。 橋の長さは28メートル、巾7.4メートル、高さ10.6メートルあり、高欄には親柱10本を建て、それぞれに擬宝珠が飾られと橋板の裏は黒漆塗で、その他は朱に塗られています。


昔は「山菅の蛇橋」と呼ばれた日光二荒山神社の建造物です。平成11年12月世界遺産に登録されました。
橋の長さは28メートル、巾7.4メートル、高さ10.6メートルあり、高欄には親柱10本を建て、それぞれに擬宝珠が飾られと橋板の裏は黒漆塗で、その他は朱に塗られています。
< MAP >

0
広告

Subscribe
更新通知を受け取る »
guest
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments