オードリーヘップバーンを思い出す、真実の口。



手を口に入れると、偽りの心がある者は、手を抜く時に手を噛み切られる、或いは、手が抜けなくなるという伝説の彫刻。
映画『ローマの休日』で、オードリーヘップバーンが手を口に入れてたシーンが思い出されます。
刻まれているのは海神ポセイドンの顔。
元々は下水溝のマンホールの蓋だった様です。
入場料をケチったので、横からの撮影となりました。^_^;

0
広告

Subscribe
更新通知を受け取る »
guest
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments