皇帝マクシミリアンの処刑 エドゥアール・マネ



印象派の創設に影響を与え近代美術の父とも呼ばれる、フランス画家エドゥアール・マネの歴史画の代表作(1869年頃)です。
それでは、どんな歴史画なのでしょう。
本作はメキシコ皇帝マキシミリアンが処刑される瞬間を描いています。
メキシコに債権を有していたフランスが、メキシコ政府の負債棚上げに激怒し、メキシコ本土に出兵して首都メキシコシティを占領。1864年4月10日、オーストリア皇帝のフランツ・ヨーゼフ1世の弟であるマキシミリアンを「メキシコ皇帝」に即位させました。
その直後、アメリカではリンカーンによって南北戦争が終結し、アメリカは目の上のたんこぶを取ろうとフランスに圧をかけ始めます。風向きが変わり、不利な状況となったフランス・ナポレオン三世は財政の悪化もありメキシコから兵を引き上げました。このことで、メキシコ大統領ベニート・フアレスらが巻き返し、結局、マキシミリアンは逮捕され、1869年6月19日に側近の将軍2名とともに銃殺刑に処せられました。
本作はマネの反骨精神がうかがえる作品と言われます。それは、銃殺刑の執行者たちはフアレスの正規軍の制服ではなく、フランス軍の制服に類似している点です。
マキシミリアンがナポレオン3世の身勝手な野心の犠牲になったことにマネはひどく激怒し、フランス軍による処刑と描くことで「マキシミリアンを殺したのはフランスだ」ということを強調したのでした。
ドイツのマンハイム市立美術館所蔵
<MAP>

+2
広告

Subscribe
更新通知を受け取る »
guest
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments