男やもめ カール・シュピッツヴェーク



19世紀ドイツのビーダーマイヤー(※1)時代を代表する画家、カール・シュピッツヴェークの作品です。
シュピッツヴェークは、絵画における数少ないユーモアリストのひとりです。
具体的に観て行きましょう。
この男やもめは、手に無き愛妻の形見を持ち、妻を思いやりながらも、今し方目の前を通り過ぎて行った二人の若い女性の後ろ姿に心惹かれ、目で追っています。
本人も意識していないふとした、仕草にシュピッツヴェークのユーモアと皮肉が込められています。
ミュンヘンのノイエ・ピナコテーク所蔵。
※1:ビーダーマイヤーとは、19世紀前半のドイツやオーストリアを中心に、もっと身近で日常的なモノに目を向けようとして生まれた市民文化の形態の総称です。
<MAP>

3+
広告

Subscribe
更新通知を受け取る »
guest
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments