正教会の大聖堂。 ー ウスペンスキー寺院 ー



正教会の大聖堂。
ロシア帝国の建築家:アレクセイ・ゴルノスターエフの設計により1862年から1868年にかけて、ヘルシンキ市街を一望できるカタヤノッカ半島の丘陵地に建立されました。
右下の写真は、寺院近くの川です。

2+
広告


コメントを残す

avatar
  Subscribe  
更新通知を受け取る »