新聖具室(メディチ家礼拝堂) ミケランジェロ・ブオナローティ



盛期ルネサンスの三大巨匠の一人、 ミケランジェロ・ブオナローティの作品(1534年頃)です。メディチ家礼拝堂とは、16世紀から17世紀にかけて造られたイタリア、フィレンツェにあるサン・ロレンツォ聖堂にある2つの建造物「新聖具室」と「君主の礼拝堂」の総称です。
新聖具室は、メディチ家の墓所としてミケランジェロが設計したもので、ミケランジェロの最高傑作の一つに数えられています。
新聖具室への入口は、サン・ロレンツォ聖堂の右翼廊の角の目立たないところにありますが、現在は閉鎖されています。

フィレンツェのサン・ロレンツォ聖堂所蔵。
<MAP>

+2
広告

Subscribe
更新通知を受け取る »
guest
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments