推奨する旅行リュック

ここでは「私が推奨する旅行リュック」を紹介します。
まず、リュックは「大きいもの」「中ぐらいもの」のふたつを準備します。
●「大きいリュック」
飛行機で荷物を預けるリュック。
機内持ち込みがNGとなる恐れのある、裁縫道具や大きい液体(ペットボトル、シャンプーetc.)は、ここに入れます。
また、拠点となるホテル間を移動する時のみ持ち運び、普段は拠点のホテルに預けておきます。
険しい道を移動しないのならスーツケースでもOKですが、私は両手が空く、リュックの方を薦めます。
●「中ぐらいのリュック」
飛行機の機内持ち込み用リュック。
飛行機で荷物を預けるとNGとなる恐れのある、スマホ用バッテリーはここに入れます。また機内が寒い時に備えてパーカを、「大きいリュック」が目的地に届かなかった場合に備えて、下着(シャツ、パンツ)×1、靴下×1を入れておきます。
拠点のホテルから7~10日ぐらい旅行して帰ってくる場合は、この中ぐらいのリュックを担いで行きます。
次に、リュックの選び方です。
リュックをナイフで切って、中身を盗む輩がいるので、リュックの生地は、丈夫なものを選びます。また大事なものは中側に仕舞える様に格納場所が複数に分かれているものを選びます。
また両開きのチャックが付いたものを選び、チャックを空けられ中身が盗まれないように、チャックには小さいカギを付けておきます。
①下方のポケットに折り畳み傘が仕舞えるもの。
②横のポケットにペットボトルを仕舞えるもの。
を選びます。
またカートリッジ式になっていて、棒とかに「カチッ」と括り付けることができる紐を付けておきます。食事の時は、この紐を使って、リュックを椅子とかに括り付けておきます。注意を逸らされても盗まれないようにする為です。
また、大きいリュックには、リボンを巻いておくと、飛行機で荷物を受け取る時に目印になり便利です。
下記が私が使っていた「中ぐらいのリュック」です。

チャックの鍵は下記のような100円ショップでも売っているダイヤル式を付けています。航空機で荷物を預けると、よく無くなってしまう(^^;ので、まとめ買いしてます。

3+

コメントを残す

avatar
  Subscribe  
更新通知を受け取る »