大工の聖ヨセフ



「大工の聖ヨセフ」とはキリストの父ヨセフのことです。右側の子供は少年イエス・キリストであり、ヨセフが細工している角材は、やがてイエス・キリストが架けられる十字架を暗示しています。
画面の大部分を占める漆黒の聞から、ろうそくの明かりが父子の姿を浮かび上がらせています。少年の無邪気そうな顔や、炎にかざして赤く透けた無垢な手に比べ、わが子の将来を予感したのだろうか、ヨセフの深刻そうな額の披や力のこもった腕が対照的です。ジョルジュ・ド・ラ・トゥールの作品。
<MAP>

3+
広告


コメントを残す

avatar
  Subscribe  
更新通知を受け取る »