大公の聖母 ラファエッロ・サンツィオ



古典主義絵画の祖のイタリア画家、ラファエッロ・サンツィオの作品(1505年頃)です。
ラファエッロの描いた聖母像の中でも特に有名な作品の1つです。暗闇の中に浮かび上がるように描かれた聖母マリアと幼児イエス・キリストが印象的ですが、黒い背景は後世の加筆によるものであることが判明しています。
それでは具体的に観て行きましょう。
ラファエッロが描いているのは赤と青の衣装を身にまとった聖母マリアが幼児キリストを抱きかかえるという、典型的な聖母子像で、この構図はラファエッロが描くことになる数々の聖母像の原型となりました。
幼子キリストは、母の胸元と肩にその手を置き、しっかりと見物人を見つめています。また聖母マリアはその温もりを感じながら、優しい母の表情をしています。
本作はダ・ヴィンチの強い影響を受けており、それはスフマート技法(※1)によって確認することができます。ラファエッロはこの技法により、絵画に優雅なバランスと調和を図り、聖母子の姿が、優しい情愛に満ちたものである事を表現しました。
※1:スマフート技法:深み、ボリュームや形状の認識を造り出すため、色彩の透明な層を上塗りする絵画の技法。
ピッティ宮殿所蔵。
<MAP>

+2
広告

Subscribe
更新通知を受け取る »
guest
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments