ヴィーナスの誕生



この作品は「春」と対をなし、天上のヴィーナスの降臨を描いた「ヴィーナスの誕生」、地上のヴィーナスの王国を描いた「春」と言われています。
「ヴィーナスの誕生」は、ギリシア神話の天上のヴィーナス(アプロディーテー)が海より誕生した様子が描かれています。
天上のヴィーナスは左足が浮いていて、今まさに地上に降り立とうとしています。 地上に降り立った瞬間、天上のヴィーナスは時間の支配を受ける、地上のヴィーナスになります。 ヴィーナスの右側には時の女神ホーラ、左側には西風の神ゼフュロスとその妻である花の女神フローラが描かれています。
ルネッサンス期のイタリアの画家サンドロ・ボッティチェッリの作品で、キャンバス地に描かれたテンペラ画です。
<MAP>

3+
広告


コメントを残す

avatar
  Subscribe  
更新通知を受け取る »