円形の仏塔、 ワタダーゲ。



スリランカ中部の古都ポロンナルワにある仏塔。ポロンナルワにシンハラ王朝
(11世紀から13世紀) の都が置かれる以前(7世紀)の建物です。円形の仏塔で、かつては屋根がありましたが、現在は基部の壁面が残っています。
それぞれの入口には左右に悪霊を遠ざけるためのガードストーン(左下、真ん中下)が並び、歓迎の意を表す半円型のムーンストーン(右下)があります。かって、人々はムーンストーンの上で足を清めたのだそうです。
ここは、 シンハラ王朝時代、釈迦の歯を祭った仏歯寺でした。
<MAP>

+2
広告

Subscribe
更新通知を受け取る »
guest
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments