ルーブル美術館ベスト3!



パリに戻り、ルーブル美術館にやって来ました。
「サモトラケのニケ」(真ん中上)
ギリシャ共和国のサモトラケ島で発掘されました。勝利の女神ニーケーの彫像。
「ミロのビーナス」(左下)
古代ギリシアで制作された彫刻の女性像。
作者は紀元前130年頃に活動していた彫刻家、アンティオキアのアレクサンドロスと考えられているが、彼の生涯については殆ど分かってないそうです。
「モナリザ」レオナルド・ダ・ヴィンチ(真ん中下)。ルーブル美術館で一番の人だかりが出来てました。
以上が私の中でのベスト3です。
そして、右下がフランス王フランソワ1世。彼はダ・ヴィンチをル・クロ・リュセ城に招き、御礼にダ・ヴィンチからモナリザを贈られたそうです。そのモナリザとフランソワ1世が同じ部屋に飾られている!この事を考え深く感じる。それがツウの見方だそうです。

2+
広告

Subscribe
更新通知を受け取る »
guest
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments