ラ・ジャポネーズ クロード・モネ



19世紀フランス印象派の巨匠、クロード・モネの作品です。
本作は、モネの日本趣味が最も顕著に表れた作品で、かつ、モネ自身の西洋美術のアイデンティティも融合されている作品と言われます。
それでは具体的に観て行きましょう。
描かれている女性は、モネの妻、カミーユ・ドンシューです。カミーユは武者の姿が刺繍された真っ赤な日本の着物を着て、手にはフランスの三色旗と同じ青・白・赤の扇を持たせ、金髪のカツラを被っています。そして、挑発するかのごとく、笑みを浮かべこちらを見つめています。
カミーユの本来の髪の色は黒色です。日本文化を象徴するオブジェクトで妻を取り囲みながら、わざわざ金髪のかつらを被らせているところに、日本美術への賛美と同時に西洋人である自身のアイデンティティを融合させています。
ホストン美術館所蔵。
<MAP>

3+
広告

Subscribe
更新通知を受け取る »
guest
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments