モンドの磔刑図 ラファエッロ・サンツィオ



古典主義絵画の祖でイタリア画家、ラファエッロ・サンツィオの初期の作品(1502年頃)です。ラファエッロは、本作の中で、十字架に架けられたキリストの死の辛さや恐ろしさに焦点を当てるのではなく、聖変化の教義(※1)を表現しました。
それでは具体的に観て行きましょう。
本作はカステッロ市のサン・ドメニコ教会の祭壇画で、十字架にかけられたイエス・キリストと6人の人物が描かれています。死にかけているにもかかわらず、キリストは穏やかな表情をしています。キリストの血を聖杯で受け止めている2人の天使。キリストから見て左側には、跪くマグダラのマリアとその後ろに佇む福音書記者ヨハネがいます。
反対側には聖母マリアが立ち、祭壇に祀られていた聖ヒエロニムスが跪いています。二人の天使は雲の上に立っているので、空にはエーテルのような雰囲気があり、この絵の上部にある月と太陽は、地と天を結びつけています。
この作品は、キリストが十字架の上で耐えた痛みや苦しみを無視し、足と手と脇腹の傷を除いて、汚れのない平和な状態で描かれています。ラファエッロは、十字架に架けられたキリストの死の辛さや恐ろしさに焦点を当てるのではなく、聖変化の教義(※1)を表現したのでした。芸術は、恐ろしいものを美しく見せることができることを実証した作品です。
※1:パンとぶどう酒がキリストの体や血に変化すること
ロンドンのナショナル・ギャラリー所蔵。
<MAP>

+3
広告

Subscribe
更新通知を受け取る »
guest
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments