日本人が設計、メルボルン・セントラル駅。



セントラル駅は、メルボルンの中心街にあり、地下がセントラル駅(左下)、地上はショッピングセンター(右上)になってました。
黒川紀章が設計した円錐形のガラス屋根の建物(右下)と高層ビルからなり、仕掛時計を設置したアトリウムがありました。

0
広告


コメントを残す

avatar
  Subscribe  
更新通知を受け取る »