ミラノのドゥオーモ。

ミラノ随一の観光名所。 世界遺産になってもおかしくない建物です。ドゥオーモとは、イタリア語でイタリアでの街を代表する教会堂の事です。 ドゥオーモの最初の石は1386年に大司教アントーニオ・ダ・サルッツォとミラノの領主 ジャン・ガレアッツォ・ヴィスコンティの要求により、古代からあったサンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂の場所に置かれました。 宗教改革による中断を経て最初の石が置かれてから約500年後の1813年に完成しました。


ミラノ随一の観光名所。
世界遺産になってもおかしくない建物です。ドゥオーモとは、イタリア語でイタリアでの街を代表する教会堂の事です。
ドゥオーモの最初の石は1386年に大司教アントーニオ・ダ・サルッツォとミラノの領主 ジャン・ガレアッツォ・ヴィスコンティの要求により、古代からあったサンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂の場所に置かれました。 宗教改革による中断を経て最初の石が置かれてから約500年後の1813年に完成しました。 
Wikipedia引用。
< MAP >

0
広告

Subscribe
更新通知を受け取る »
guest
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments