マラッカのマレーシア最古の建物たち。

■青雲亭(上3枚) マレーシア最古の中国仏教寺院。 明の永楽帝の命を受け大遠征を指揮した海軍大将「鄭和」の功績をたたえ1646年に建立されました。 ■カンポンクリンモスク(真ん中3枚) マレーシア最古のモスク。1748年に建築されたと言われています。堂内の壁にはイギリス製とポルトガル製のタイルが使用されているそうです。 ■スリポヤタヴィナヤガールムーティ寺院(下) マレーシアで最古のヒンドゥ寺院。 ほんの100mの距離内に3つの建物があります。


■青雲亭(上3枚)
マレーシア最古の中国仏教寺院。
明の永楽帝の命を受け大遠征を指揮した海軍大将「鄭和」の功績をたたえ1646年に建立されました。
■カンポンクリンモスク(真ん中3枚)
マレーシア最古のモスク。1748年に建築されたと言われています。堂内の壁にはイギリス製とポルトガル製のタイルが使用されているそうです。
■スリポヤタヴィナヤガールムーティ寺院(下)
マレーシアで最古のヒンドゥ寺院。
ほんの100mの距離内に3つの建物があります。
< MAP >

0
広告

Subscribe
更新通知を受け取る »
guest
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments