ゴシック、ルネサンス、バロック様式が混在する、マラガ大聖堂。



カトリック両王の命により16世紀から18世紀にかけて建造されました。ゴシック、ルネサンス、バロックなどさまざまな様式が混在する教会です。正面右側の塔は未完成のまま現在に至ります。(写真には写ってません。)
アロンソ=カーノ、クラウディオ=コレーリョら17世紀スペインバロックの画家による宗教画が有名。マラガ大聖堂内には沢山の絵画がありました。
その中でも、特にこの絵画の迫力が凄い!

0
広告

Subscribe
更新通知を受け取る »
guest
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments