セブ島のマゼラン記念碑&ラプラプ像。



「マゼラン記念碑&ラプラプ像」に到着。
タクシーを降りると、男が「無料で案内するよ」と日本語で言い寄って来ます。断っても断っても、しつこく言って来ます。「お金ないよ。」と言うと、「お金無いなら日本へ帰れ」と捨て台詞を言って去って行きました。
(なんか腹がたつ!)
世界一周の航海途中にフィリピンへ来航し、キリスト教への改宗と服従を要求するフェルディナンド・マゼランに対して、セブ地方マクタン島の首長ラプラプは、戦いを挑みます。ラプラプはマゼラン軍を破り、マゼランを討ち取った英雄として名を残しました。
マゼランはセブでサント・ニーニョ像(幼きイエス像)を寄贈した5日後、この場所で侵略者として殺害されました。
これを記念して2004年にラプラプ像(右上)とマゼラン記念碑(左上)が建てられました。記念碑の横(左下)には、1521年4月の激しい戦闘の様子を伝える石碑や壁画が展示されていました。
・右下はラプラプ像近くの池

0
広告

Subscribe
更新通知を受け取る »
guest
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments