囚人がため息をつく、ベネチアのため息橋。



ため息橋という名前は、独房に入れられる前に窓の外からベネチアの美しい景色を見られるのは最後であるというので囚人がため息をつくというところから、19世紀にジョージ・バイロンが名づけたもの。

0
広告

Subscribe
更新通知を受け取る »
guest
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments