元は修道院、チューリッヒのフラウミュンスター(聖母聖堂)。



853年に東フランク王国のルートヴィヒ2世が娘のヒルデガートのために女子修道院として建造。その後12~15世紀ごろにゴシック様式の教会となり、20世紀になってからは、シャガールが手掛けたステンドグラスが取り付けられました。

0
広告

Subscribe
更新通知を受け取る »
guest
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments