フマーユーン廟



ムガル帝国の第2代皇帝フマーユーンの墓廟。インドにおけるイスラーム建築の傑作で、その建築スタイルはタージ・マハルにも影響を与えたといわれています。
ペルシア出身の建築家サイイド・ムハンマド・イブン・ミラーク・ギヤースッディーンとその父ミラーク・ギヤースッディーンの2人の建築家によって9年の歳月を経て完成されました。

<MAP>

3+
広告


コメントを残す

avatar
  Subscribe  
更新通知を受け取る »