ピア門 ミケランジェロ・ブオナローティ



盛期ルネサンスの三大巨匠の一人、 ミケランジェロ・ブオナローティの作品(1565年頃)です。本作はミケランジェロ最後の建築作品です(ミケランジェロはピア門の完成間近で死去)。2つのアーチの間にある建物はかつては税関でしたが、現在はベルサリエーリの歴史博物館となっています。
またピア門は1561年に鋳造された記念硬貨にも描かれています。
ピア門は、ローマのピア通りの終点にあります。
<MAP>

+2
広告

Subscribe
更新通知を受け取る »
guest
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments