ビンド・アルトヴィティの肖像 ラファエッロ・サンツィオ



古典主義絵画の祖のイタリア画家、ラファエッロ・サンツィオの作品(1515年頃)です。
ラファエッロの後期ローマ時代は、レオナルド・ダ・ヴィンチの影響を受け、様々なスタイルや構造を試していました。本作のシンプルで比較的女性的な立ち位置と圧倒的な光と影の対比も、その試みの一つです。
それでは具体的に観て行きましょう。
光と影の強いコントラストに加え、男性の肖像であるのに、優美で、まるで女性のようなモチーフの姿は、これまでのラファエッロ作品からはかけ離れています。そして、被写体を回転させることで、うっとりするような視線を意図的に作り出しています。
目は、「愛情の補佐役」として知られています。頬を紅潮させ、胸に当てた手には指輪をし、肩から伸びたローブからは、繊細なねじりで撫でられた髪の毛が露出しています。その鮮やかな陰影は、彼の愛情の高潔さと無垢さを強調しています。ラファエッロはこの時期、レオナルド・ダ・ヴィンチの影響を受け、様々なスタイルや構造を試していたのでした。
ワシントンD.C.のナショナル・ギャラリー所蔵。
<MAP>

+2
広告

Subscribe
更新通知を受け取る »
guest
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments