バガンのシュエズィーゴン・パゴダ。



バガン王朝を代表する建築物。
11世紀、バガン王朝の創始者アノーヤターと、3代目の国王チャンシッターによって建築され、後のビルマ式パゴダの原形となりました。
「シュエ」はビルマ語で「金」、ズィーゴンは「砂の河岸」、もしくはパーリ語で「祝福された土地」を意味します。

0
広告

Subscribe
更新通知を受け取る »
guest
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments