ハノイの文廟 (孔子廟) 。



1070年建設。
1076年に国内初の大学・国子監がおかれ、王族・貴族の子弟や官僚が学んだそうです。
今では学問にご利益のある場所として、観光客だけでなく多くのベトナム人が訪れています。
文廟の敷地内にティエンクアンという名の池(右上)があり、その両側には石碑が並んでいます(真ん中下)。これは昔の官僚登用試験の科挙の合格者の名前と出身地が刻まれた碑で、石造りの亀の上に乗っています。
ベトナムの科挙制度は1075年に始まり、1919年に廃止されるまで続きました。ベトナムは東アジアの中で一番最近まで科挙制度を継続していた国です。

0
広告

Subscribe
更新通知を受け取る »
guest
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments