テュイルリー公園の音楽祭 エドゥアール・マネ



印象派の創設に影響を与え近代美術の父とも呼ばれる、フランス画家エドゥアール・マネの初期作品(1862年頃)です。本作はパリのテュイルリー公園で開催されたコンサートに集まる人々を描いたもので、マネの写実主義(※1)的な思想による絵画表現がより明確に示されている作品です。
それでは具体的に観て行きましょう。
本作は、「現代社会の英雄性」を描くべきだとする友人シャルル・ボードレールの主張から着想を得たと考えられる作品で、マネ自身はもとより、家族、友人、知人、同輩などを始めとした、当時のブルジョワ層の人々が描かれています。左端にはマネ本人の半身が傍観者のように描かれ、その隣にはマネの友人で画家であったバルロワ卿アルヴェールがステッキを持った姿で描かれています。さらに隣には評論家ザカリー・アストリュクが椅子に腰掛ける姿が描かれています。前景の二人の青帽子の女性は、軍事司令官の妻ルジョーヌ夫人と作曲家オッフェンバックの妻ジャック・オッフェンバック夫人で、その背後にはアンリ・ファンタン=ラトゥールやボードレールを始めとした写実主義者の一行が見えます。また画面中央やや右寄にマネの弟ウジェーヌの姿を配し、その隣には眼鏡をかけた口髭の作曲家オッフェンバックが、そして帽子を上げ挨拶する画家シャルル・モンギノの姿が描かれています。
群集肖像画とも呼べる本作は、1863年、マルティネ画廊での個展で、展示されましたが、下絵のような荒々しいタッチが不評を招き、「縁日の音楽が耳を傷つけるように、目を傷つける」作品であると批判されたのでした。一方、フレデリック・バジール、クロード・モネ、ピエール=オーギュスト・ルノワールといった若い画家たちは、人々のありのままの姿を描いた事に新しさを見出し、後の印象派の一つの起源となりました。
そして、マネの写実主義への転換期における重要な作品のひとつと位置付けられています。
※1:写実主義:実の自然や人間の生活を客観的に描写しようとする様式。
ロンドンのナショナル・ギャラリー所蔵
<MAP>

+2
広告

Subscribe
更新通知を受け取る »
guest
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments