シュザンヌ・フールマンの肖像



ピーテル・パウル・ルーベンスの代表的な肖像作品。
ルーベンスの内面をも描き出す洞察力と、それを的確に表現する描写力が存分に発揮された作品です。
具体的に見て行きましょう。
透明に輝く白い肌とピンクに染まった頬、大きな瞳、丸々しい肉感的な人物描写。
そして身なりの良い洗練された衣装。そこには、女性としての柔らかさと優しさが感じられます。
そして何よりも注目すべきは、女性の力強い眼差し。被写体の凛とした内面をも見事に表現された作品です。
ナショナル・ギャラリー(イギリス)所蔵。
<MAP>

3+
広告


コメントを残す

avatar
  Subscribe  
更新通知を受け取る »