角度により色々な顔を見せる、セントメアリー大聖堂。



ローマ・カトリックのゴシック・リヴァイヴァル建築の大聖堂。歴代のシドニー大主教はここで教会の職務を遂行、同国カトリックの中心部として知られています。
1930年にローマ教皇 ピウス9世によって教会堂より上位のバシリカであると認定されました。また2008年6月、教皇ベネディクト16世が公式訪問しています。
wikipadia引用。
角度により色々な顔を見せる、大聖堂です。

0
広告


コメントを残す

avatar
  Subscribe  
更新通知を受け取る »