システィーナ礼拝堂天井画 ミケランジェロ・ブオナローティ



盛期ルネサンスの三大巨匠の一人、 ミケランジェロ・ブオナローティの代表作(1512年頃)の一つで、4年の歳月をかけ作成された世界最大の壁画です。
主題は旧約聖書の冒頭書に50章から書かれた、神による世界と人間の創造から、楽園追放、バベルの塔、ノアの箱舟などの神話的伝承と、アブラハム・イサク・ヤコブ・ヨセフらの族長伝承などから成る「創世記」です。
それでは具体的に観て行きましょう。
旧約聖書の9つの場面が描かれています。それは、暗闇からの光の分離(創世記1,1-5)、星と植物の創造(創世記1,11-19)、水からの地球の分離(創世記1,9-10)、アダムの創造(創世記1,26-27)、イブの創造(創世記2,18-25)、元の罪と地上の楽園からの追放(創世記3,1-13.22-24)、ノアの犠牲(創世記8章) 15-20)、普遍的な洪水(創世記6,5-8,20)、ノアの酔い(創世記9,20-27)です。
9つの画面の内、5つの小画面は枠取りがされ、それぞれ4体の青年裸体像によって支えられています。9場面の下方、および礼拝堂の両端部には、キリストの誕生を預言した12人の男女(預言者と巫女)の像があります。礼拝堂の窓の上方の半月形壁(ルネッタ)にはキリストの祖先たちの像が描かれ、画面中には彼らの名前も書かれています。そして、四隅の大きな逆三角形壁面には、聖書の劇的な場面が描かれています。
バチカン宮殿のシスティーナ礼拝堂所蔵。
<MAP>

+2
広告

Subscribe
更新通知を受け取る »
guest
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments