ガウディ作品、サグラダ・ファミリア。

世界遺産。 1882年から建設が始まり、まだ建設中。いつになったら完成するのでしょう? カタロニアの建築家アントニ・ガウディの未完作品。バルセロナ市のシンボルであるこの建物は、綿密に構成された象徴詩的なシンボロジーと共に放物線状の構造のアーチや、鐘楼に据えられた自然主義と抽象主義の混在する彫刻など、大胆な建築様式が採用されています。2004年、サグラダ・ファミリアはアルハンブラ宮殿やマドリッドのプラド美術館を抜いてスペインで最も観光客を集めたモニュメントとなりました。 Wikipedia引用。


世界遺産。
1882年から建設が始まり、まだ建設中。いつになったら完成するのでしょう?
カタロニアの建築家アントニ・ガウディの未完作品。バルセロナ市のシンボルであるこの建物は、綿密に構成された象徴詩的なシンボロジーと共に放物線状の構造のアーチや、鐘楼に据えられた自然主義と抽象主義の混在する彫刻など、大胆な建築様式が採用されています。2004年、サグラダ・ファミリアはアルハンブラ宮殿やマドリッドのプラド美術館を抜いてスペインで最も観光客を集めたモニュメントとなりました。
Wikipedia引用。
< MAP >

0
広告

Subscribe
更新通知を受け取る »
guest
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments