ガウディ作品、グエル公園。

施主のエウゼビ・グエル伯爵とアントニ・ガウディの夢が作り上げた分譲住宅で、1900年から1914年の間に建造されました。彼らが最も傾注していた芸術はリヒャルト・ワーグナーの「楽劇」で、ガウディは同じ芸術センスを持つグエル伯爵の下、自然と調和を目指した総合芸術を作り上げようとしました。この頃、バルセロナでは工業化が急速に進んでおり、それに対してガウディとグエルはこの場所に、人々が自然と芸術に囲まれて暮らせる、新しい住宅地を作ろうとします。しかし、ふたりの進みすぎた発想と自然の中で暮らす価値観は、当時理解されませんでした。結局、広場、道路などのインフラが作られ60軒が計画されていましたが、買い手がつかず、結局売れたのは2軒で、買い手はガウディ本人とグエル伯爵だけでだったといいます。グエル伯爵の没後に工事は中断し、市の公園として寄付されました。 Wikipedia引用。


施主のエウゼビ・グエル伯爵とアントニ・ガウディの夢が作り上げた分譲住宅で、1900年から1914年の間に建造されました。彼らが最も傾注していた芸術はリヒャルト・ワーグナーの「楽劇」で、ガウディは同じ芸術センスを持つグエル伯爵の下、自然と調和を目指した総合芸術を作り上げようとしました。この頃、バルセロナでは工業化が急速に進んでおり、それに対してガウディとグエルはこの場所に、人々が自然と芸術に囲まれて暮らせる、新しい住宅地を作ろうとします。しかし、ふたりの進みすぎた発想と自然の中で暮らす価値観は、当時理解されませんでした。結局、広場、道路などのインフラが作られ60軒が計画されていましたが、買い手がつかず、結局売れたのは2軒で、買い手はガウディ本人とグエル伯爵だけでだったといいます。グエル伯爵の没後に工事は中断し、市の公園として寄付されました。
Wikipedia引用。
< MAP >

0
広告

Subscribe
更新通知を受け取る »
guest
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments